蚊アレルギーとは?怖い蚊刺し過敏症・症状画像写真一覧・治療法と予防対策も

蚊に刺されると、赤く腫れて、かゆくなる。不快だが、そう大騒ぎするほどのことではない。
しかし、人によっては、大きく腫れ、ひどいかゆみをもたらし、なかなか治らないこともある。
いわゆる蚊アレルギーである。

その症状は、人それぞれ。蚊に刺されてすぐに腫れる人もいれば、次の日以降に症状が出る人も。
ひどい場合は、刺された場所以外にも腫れなどが出てくるのだそう。

蚊アレルギーの症状がわかる画像や写真の一覧

これを見るとわかるが、蚊に刺されただけなのに、かなり大きく腫れあがっているものばかり。
水ぶくれのようなものや、やけどのようなものが目立つ。
子供の顔に症状が出ているケースも多く、なんとも気の毒だ。

>> 画像や写真はこちら

EBウイルスによる蚊刺過敏症って怖い…

蚊アレルギーのひどいケースが「蚊刺過敏症」。

これは、みずぶくれ、血豆、皮膚のただれ、発熱、リンパの腫れ、下痢などが起きる。
EBウイルスというのが関係していて起こるのだそう。

蚊に刺されただけなのに、ちょっとひどいと思うような症状の場合は、すぐに病院に行った方が良いと思われます。

とりあえずの処置☆蚊アレルギーの治療法

ネットで調べてみると、蚊に刺された部位に抗ヒスタミン薬の軟膏などを塗るのが一般的のようです。
もちろん症状がひどい場合や、前述の蚊刺過敏症かもしれないという場合も含め、念のため病院に相談するのが一番でしょう。

ネットでは、こんな抗ヒスタミン薬の軟膏の評判が良いようです。
>> 抗ヒスタミン軟膏の一覧【楽天市場】

また刺された部位をなるべく、掻かないように注意した方が良さそうです。
患部を冷やすのも効果的だとか。

予防方法は?

とりあえずは、蚊に刺されないようにするのが、当たり前ですが肝心!
以下に、虫よけに効果ありそうなグッズをネットで調べてみました。

●虫よけ効果のある鉢植え
●赤ちゃんにも使える天然アロマハーブの虫除けスプレー
●インテリア風の蚊取り器具
●蚊が嫌いな香りのハーブスプレー
●虫よけアロマディフューザー
●いつでも、どこでも赤ちゃんを蚊から守る網
●ベビーカー用虫除けカバー

以下で詳細を見れます。
>> 虫よけ・蚊対策グッズの一覧【楽天市場】